母の日の語源


母の日は1905年5月9日に生前に母を敬う機会を作ろうということで
制定されました。アメリカのフィラデルフィアに住む少女
「アンナ・ジャービス」が働きかけました。
1914年には当時のアメリカ大統領「ウイルソン」が、五月の第二日曜日を
「母の日」と制定しました。祝日になってしまったわけです。
母の日のカーネーションは、アンナの母親が好きだった花です。その
白いカーネーションを祭壇に飾ったことから始まりました。
そこで母の日には母が元気ならば赤のカーネーションを、
不幸にも亡くなっていれば、白のカーネーションを胸に飾るように
なりました。これが母の日にカーネーションを贈る習慣へと
変化していきます。日本では明治時代末期から認知され始め、
1937年に森永製菓が告知したことで、全国に広がるようになりました。