CPUの歴史(2)


このページは6月14日UP分のCPUの歴史(1)の続きです。

1975年 8080の後継品「8085」を発表 製造プロセス 3μm, 動作クロック 3MHz

1976年 16ビットCPU 「8086」を発表 製造プロセス 3μm, 動作クロック 5MHz,8MHz,10MHz

その後 8086のデータバスを8ビットに縮めた、「8088」を発表。(内部構造の複雑、対応機器がない等の理由で)

その頃・・・ 1982年6月 今まで別チップとなっていた周辺チップをCPU内部に集約させたプロセッサ「80186」誕生

1982年