CPUの歴史(1)


初めてCPUが誕生したのはパソコンが誕生する前の1971年12月
Intelの4004プロセッサ(4ビットCPU)でした。製品プロセスルールは
10μm,周波数は108KHz,トランジスタ2300個だった。
次にIntelは1972年4月に8ビットCPU8008プロセッサを開発した。
16KBのメモリ領域を搭載し、200KHz動作で3500個のトランジスタを集積する
次に1974年に8080プロセッサを開発。64kのメモリ領域、6000個のトランジスタ
2MHzで動作した。製品プロセスルールも6μmと細分化された。
CPUの歴史(2)